Now Loading

子孫繁栄・安産祈念・開運

『海幸彦・山幸彦』神話にゆかりの深い霧島。
この物語に登場す2人の女神(コノハナノサクヤヒメ・トヨタマヒメ)は、ともに安産であったという言い伝えがあります。そのために、霧島には安産祈念や家庭円満を祈るスポットが多数存在します。

1、東霧島神社→2、狭野神社→3、皇子原神社→4、和気神社→5、熊襲の穴→6、高屋山

東霧島神社 故有谷の乳水 安産祈念
鬼岩階段の脇のイザナミ神社にお参りし、上り口にある樹齢1,000年の招福大楠の根元の空洞をくぐり、故有谷の乳水を飲んで帰れば、安産になる!
狭野神社 狭野尊 事始めの神様
新たなスタートの成功を祈念しましょう 狭野神社 厄除開運・交通安全のお守りなど狭野神社で、朱印をお願いしました。
皇子原神社 御腰掛石 産婆石
御腰掛石:神武天皇が腰掛けて、のちの日向建国の礎を固められたとして崇拝されています。ここに座り思いを馳せれば何か良いアイデアが浮かぶかも。 産婆石:社殿の後ろには神武天皇の母・玉依姫が神武天皇を出産するときにしがみついたと伝えられる産婆石(うべし)があり、妊娠中の女性がその表面をなでると安産ができると伝えられています。
和氣神社 和氣清麻呂を祭った神社 交通安全、学問、建築の神として御利益があるといわれています。
和気公園の「藤まつり」  毎年4月中旬から5月初旬にかけて和気公園で「藤まつり」を開催しています。 23種類約100本の清楚な藤を楽しみに多くの人が訪れます。
熊襲の穴:天降川(あもりがわ)の渓谷沿いの妙見温泉にある、熊襲族がかつて居住していたといわれる場所です。熊襲の首領・クマソタケルが女装したヤマトタケルノミコトに誅殺(ちゅうさつ)されたところで、一名嬢着(じょうちゃく)の穴ともいわれます。勇猛果敢な熊襲族のパワーをいただき、自らの活力に生かしてみては。
高屋山上陵:神武天皇の祖父にあたる山幸彦(ホオリ)のお墓とされる場所で、山幸彦とその妻である豊玉姫を祀っています。山幸彦の御霊は鹿児島神宮に祀られています。可愛山陵(えのやまのみささぎ)、吾平山上陵(あいらさんりょう)とともに神代三山陵の一つとされています。日本神話の神々たちの荘厳な御神氣が感じ取れるのでは。
霧島神宮 天孫降臨の神話の主人公、ニニギノミコトを祀っています。元は高千穂河原の地にありましたが、霧島山の度重なる噴火により社殿が消失したため、現在の社地へ御鎮座になりました。
旅の最後は霧島神宮でハイ!チーズ!