ラドン(放射能泉) その13

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
放射能泉の浴槽で30分間過ごすと、入浴中の呼吸量は運動時に近く毎分100リットルほどなので、3000リットルを吸い込むと仮定します。
吸入した空気に含まれるラドンの50%を身体に取り込むとして、空気中のラドンが1リットルあたり100ベクレルだと、トータルの預託実効線量は約0.045ミリシーベルトとなります。
ちなみに温泉水に含まれるラドンが1000ベクレルだと、その周囲の空気に含まれる気体のラドンは100~150ベクレルです。
したがって、源泉1リットルに10,000ベクレルのラドンが含まれていて、周辺の空気を30分吸入しても危険量の200分の1程度です。
日本の放射能泉では多くても3,000ベクレル未満ですから、どんなに長湯しても問題は無さそうです。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの泉質は、単純硫黄温泉で美肌効果のある硫黄成分に特化しているのが特徴です。
皆様が快適にご入浴できますように、専属の湯守りが温度管理等をしておりますので、安心してお入り下さいませ。
霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋