泉質名で「集中型」「分散型」「マルチ型」を知る その2分散型

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は泉質名で「集中型」「分散型」「マルチ型」を見分ける方法についてご紹介いたします。

◆例 : カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
ミリバル%が20%を超えているものが多いので、硫酸塩泉、炭酸水素沿線、塩化物泉としての力が分散した「分散型」の温泉と言えます。
もちろん、「溶存物質(ガス性のものを除く)」が1,000mg/kgを大きく上回る(5,000mg/kg~)なら1つ1つの泉質としての個性も強くなりますが、「溶存物質(ガス性のものを除く)」が大きくなるほど「ナトリウム-塩化物泉」の「集中型」になる傾向があります。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの泉質は、単純硫黄温泉で濃い温泉ですが、その日の状況により温度管理などで快適にご入浴できるように湯守りが管理しておりますので、安心してお入りいただけます。
霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。

 


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋