こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は温泉の濃さについてご紹介いたします。

泉質名は大きく分けると3つのパターンがあります。
②塩類泉 ⇒ 「優しい温泉」である場合と、「濃い(強い)温泉」である場合があります。
溶存物質(ガス性のものを除く)が1,000mg/kgを大きく超えなければ「優しい温泉」です。
溶存物質(ガス性のものを除く)が5,000mg/kgを超えると段階的に「濃い(強い)温泉」となっていきます。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。