「陰イオン」として泉質名に反映される成分

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は陰イオンとして泉質名に反映される成分をご紹介いたします。

前回までに泉質名がつく3つのルールをお話させていただきました。
3つのルールとは「①温度」「②合計」「③個別」のルールで、今回は②合計のルールが規定値に達していると(溶存物質(ガス性のものを除く)が1,000mg/kg以上)、陽イオンが泉質名に反映されます。

・塩素イオン(塩化物イオン) → 塩化物泉
・硫酸イオン → 硫酸塩泉
※酸性泉の場合に限り「硫化水素イオン(ヒドロ硫酸イオン)」も硫酸イオンに加える
・炭酸水素イオン → 炭酸水素塩泉

泉質名の最後は、温泉か冷鉱泉のどちらかになります。
○○温泉 → 源泉温度が25℃以上
○○冷鉱泉 → 源泉温度が25℃未満

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。

 


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋