温泉の泉質は9分類、霧島国際ホテルは硫黄泉

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は温泉の泉質種類についてのお話で、温泉の泉質は9分類あります。
中には皆様が聞いたことのある泉質もあるかと思います。

①単純温泉
②塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、
③二酸化炭素泉、含鉄泉(含銅泉)、硫黄泉、酸性泉(含アルミニウム泉)、放射能泉
①~③すべて足すと9つの泉質種類になりますが、このように大きく3つのグループに分けることができます。

①を単純温泉といい、単純に温度だけが25℃を満たしている温泉
②を塩類泉といい、溶存物質(ガス性のものを除く)」が「1,000mg/kg以上」のもの
③を特殊成分を含む療養泉といい、硫黄など7つの特殊成分が個々に規定値以上のもの
単純温泉は刺激が少なくやさしい温泉。
塩類泉はやさしい場合と濃い場合があり、溶存物質の量で分かれます。
特殊成分を含む療養泉は濃い温泉。

そして霧島国際ホテルの源泉は硫黄泉ですので、濃い温泉になります。
濃い温泉は身体に効きやすい反面、疲れやすいのも特徴です。
長湯せず、3分くらいを目安に入っては浴槽から出て休む、休んでいる間に体を洗う。
そしてまた3分入ったら頭を洗い、最後に3分入って出るを合計3回くらいが目安の入り方です。
せっかくのお休みですから、温泉も少しづつのんびりとお楽しみ下さい。

霧島国際ホテルかけ流しにごり湯の硫黄泉

湯口から硫黄成分も含まれた湯の花がたくさん浴槽に注ぎ込まれています。 霧島国際ホテル本館の露天風呂

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページからのご予約
露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿 霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分

 


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋