二日酔い入浴法 二日酔いの時、間違った入浴をしていませんか?

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は二日酔い入浴法をご紹介いたします。

「二日酔いの朝は、熱いお風呂に入って汗を流すのがよい」という話を聞くことはありませんか?
これは間違いなので、注意が必要です。
なぜなら、二日酔いの朝は「ドロドロ血」の状態にある傾向があり、また血中アルコール濃度が高く、熱いお風呂では体に負担がかかりすぎるからです。
また、汗をながすだけだと脱水症状になり、特に肝臓に水分が水分が不足することにより、よけい肝臓機能が低下するのです。
さらには、熱い湯で急激に血行がよくなると、よけいに具合が悪くなることがあります。
基本は「ぬる湯」でじっくり汗をかくこと、そして十分な水分補給をして尿でアルコールを排泄することです。
入浴すると「ナトリウム利尿ホルモン」を刺激して、利尿作用が高まります。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋