温泉でトレッキング、スキー・スノーボード後の疲労回復入浴法2

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回も疲労回復入浴法をご紹介いたします。

◆トレッキング、スキー・スノーボード後の疲労回復入浴法、入浴にあたってのポイント2
温泉地には自然散策のトレッキングコースや、場合によってはスキー場があり、これらのスポーツでの疲労を回復させるのに最適な入浴法があります。

・スポーツ前後、入浴前後は、水分を十分にとりましょう。
汗で水分が排出されると、血液がドロドロの状態になります。
水分補給するなら、水はもちろんのこと、ミネラルたっぷりの麦茶、汗の成分を含むスポーツドリンク、また熱により損なわれたビタミンCを補給するオレンジジュースなどが理想的なドリンクです。
ビールは入浴前後ではなく、食事前がよいでしょう。
スポーツ、入浴後落ち着いてから温泉地で飲むビールは格別です。

・入浴はスポーツに匹敵するほどのカロリーを消費します。
入浴後は30~60分休憩をとりましょう。

・寒いところでは、準備運動しても体が温まりにくいので、入浴により体を温めることが、準備体操代わりになります。
朝風呂もいいものですが、朝食直後、スポーツ直前は避けましょう。
体に負担をかけないようにするなら、スポーツ前の「足湯」が有効で、筋肉痛防止になります。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋