快眠入浴法 睡眠導入物質と目覚め

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回も快眠入浴法をご紹介いたします。

◆睡眠導入物質と目覚め
前回は光と食事についてご案内させていただきました。
今回は、睡眠導入物質を使用した快眠方法と朝目覚めたときの注意点をご案内致します。
次の物を枕元に置いたり、飲んで体内に入れることで、快眠を得やすくなります。
・枕元に「スライスした玉ねぎ」を置く (睡眠導入物質)
・枕元に「炭(木炭、竹炭)」を置く (マイナスイオンでリラックス)
・寝る前にミルクを飲む (睡眠導入物質)

朝は睡眠中の発汗などにより血液粘度が高いので、入浴は適しませんので以下のような注意が必要です。
ご家庭の場合、朝は目覚めの為に、交換神経を刺激する「熱いお湯」 (42℃以上)を入浴ではなくて、シャワーを浴びることをおすすめします。
温泉宿の場合は、朝起きてから水分補給をしっかりおこない、30分くらいしてから温泉に入るようにしましょう。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋