快眠入浴法 夕食後の体温ピークにあわせて入浴

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は、快眠入浴法をご紹介いたします。

◆夕食後の体温ピークにあわせて入浴
人間は深部体温が下がることで眠くなるのですが、消化により体温が高まったタイミングで入浴することにより更に深部体温が高まり、体温の急降下で眠くなります。

α波入浴法が有効です。
◎40℃のお湯で15分入浴
○ 41℃のお湯で11分入浴
○ 39℃のお湯で20分入浴
○ 42℃のお湯で5~6分の半身浴

42℃位のお風呂でのおすすめは・・・ 3分入浴→休憩→3分入浴→休憩→3分入浴 (合計9分入浴)
40℃以下のお風呂でのおすすめは・・・ 5分入浴→休憩→8分入浴→休憩→3分入浴(温度に応じ15~30分)

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋