ダイエット入浴法 入浴ダイエット

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は、食、運動と温泉を利用したダイエット入浴法をご紹介いたします。

◆入浴ダイエット
太りにくい体質にする「褐色脂肪細胞」を活性化させましょう。
褐色脂肪細胞は、首のうしろ、肩甲骨、わきの下、心臓の付近、腎臓の付近の5箇所にしかありません。
そこを温冷交互浴で活性化させます。
42℃の熱いシャワーと20℃弱の冷たいシャワーを20~30秒づつ繰り返せばOKです。
そして、全身浴でカロリー消費を行い、お風呂の温度を42℃とし、全身浴をするとジョギングに相当する消費カロリーがあると言われております。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

霧島国際ホテルの硫黄温泉で館内一泊九湯!湯めぐりで健康美人に! 皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ