温泉入浴なるほど話 温泉は微量成分、ミネラルバランスにも注目!②

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は、温泉入浴のなるほど話(入浴の注意事項)について、ご紹介いたします。

飲泉をするなら、ミネラルバランスにも注目です。
カルシウムを摂るなら併せてマグネシウムも摂らなければいけません。
具体的には、「 カルシウム : マグネシウム =  2~3 : 1 」の割合で摂るのが理想的です。
こんなバランスでミネラルが入っている温泉があったら飲泉には最適ですね。

温泉ソムリエ発祥の温泉地、新潟県赤倉温泉は、 カルシウム : マグネシウム =  3 : 1 の理想的なバランスです。
しかしながら、飲用の適応症が認められていながら、保健所による飲用許可が得られていないのが残念なところで、このような温泉は他にも多く存在しています。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 

飲用の適応症が掲げられていても保健所の許可がないと、飲泉はできません。

霧島国際ホテルの温泉
霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋