こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
今回は、温泉入浴のなるほど話(入浴の注意事項)について、ご紹介いたします。

頭にタオルをのせて温泉に入る際、冷たい水か?熱いお湯か?で迷ったら「頭寒足熱」で冷たいタオルが良いです。
そして、かけ湯の後に頭から「かぶり湯」をしてから入浴されることをおすすめします。

この「かぶり湯」は、立ちくらみ防止にもなります。
寒い日の露天風呂は特に温度差に注意しなくてはなりませんので、露天風呂に入る前に内風呂で温まるということも大切です。
のぼせには、冷たいタオルを頭に、立ちくらみには熱いタオルを頭に、迷ったら冷たいタオルと覚えておいてください。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 
タオルののせ方で温泉の入り方が変わります!

霧島国際ホテルの温泉
霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。