基本的な入浴法 手浴

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉施設や家庭のお風呂も入浴の方法があります。
ここでは、いくつかの入浴法をご紹介いたします。

◆手浴
手と前腕をたらいのような器につける方法が一般的です。
42℃程度の湯に5分ほどつけるのが一般的ですが、症状により、分割浴で数回に増やすことができます。
手浴だけで血行障害が良くなり、筋肉疲労や冷え性が改善されることがあります。
手だけでも5~10分お湯に浸ければ、全身が温まってきます。

霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋