基本的な入浴法 足浴3(温冷交互浴は効果的)

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉施設や家庭のお風呂も入浴の方法があります。
ここでは、いくつかの入浴法をご紹介いたします。

◆足浴3 (温冷交互浴は効果的)
足浴とは、足(膝下)だけを温泉につける入浴法であり、半身浴の頭寒足熱をさらに顕著にしたものです。
足浴による温冷交互浴は大変効果的です。
温冷刺激により末梢血管を広げ、老廃物の乳酸などを体外に排出する作用により、疲労を回復させます。

この温冷交互浴は足裏マッサージのような効果があります。
足裏マッサージはツボ刺激と間違われがちですが、実際には反射区というものを刺激します。
足裏には、体の各部位に対応した反射区があります。
体に具合の悪いところがあると、その部位に対応した足裏の反射区の血管にも老廃物がたまります。
これをマッサージにより体外に排出しようというのが足裏マッサージです。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉

霧島国際ホテルの温冷交互浴には大きな冷水浴槽に膝下のみ浸かるのがおすすめです。

霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ