こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉施設や家庭のお風呂も入浴の方法があります。
ここでは、いくつかの入浴法をご紹介いたします。

◆足浴2
足浴とは、足(膝下)だけを温泉につける入浴法であり、半身浴の頭寒足熱をさらに顕著にしたものです。
各地でブームとなっている足湯を利用すると、衣服を着用したままで、読書しながら、語り合いながら温泉の効果を得られるのが特徴です。

そして足湯も温冷交互浴を行うと効果的です。
温泉3分、冷水1分(または20秒程度)、を3~5回繰り返すことにより、血行がよくなり、疲労物質の乳酸などが排出され、疲労回復効果があります。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉
霧島国際ホテルの浴槽の段差を利用して足湯が可能です。

霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。