基本的な入浴法 半身浴1

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉施設や家庭のお風呂も入浴の方法があります。
ここでは、いくつかの入浴法をご紹介いたします。

◆半身浴1
頭寒足熱(ずかんそくねつ)という言葉があるように、上半身(頭)は涼しく、下半身は温かくという健康増進法があります。
下半身をしっかり温めつつ、心臓への負担を軽くしたのが「半身浴」です。

浴槽に段差がある場合、そこに腰かけると下半身だけが温泉につかる状態になります。
段差がなくとも、腰かけるものを置いてもよいでしょう。
状況に応じ、ヘソから胸までの間をお湯のライン(みぞおちのラインくらいが適当)とすれば良いです。

下半身から温泉成分が体に浸透、上半身の発汗促進などという効果がありながら、心臓に負担をかけない理想的な入浴法です。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉

霧島国際ホテルの温泉は分割浴しやすいように浴槽付近には便利な椅子がございます。

霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋