基本的な入浴法 全身浴2

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉施設や家庭のお風呂も入浴の方法があります。
ここでは、いくつかの入浴法をご紹介いたします。

◆全身浴2
薬理成分のない自宅での入浴なら心臓への負担が少ない「半身浴」の方が安全です。
もっとも心臓への負担が大きいとはいえ、肩まで熱い温泉につかる気持ちよさはストレス解消になりますので、全身浴は特に温泉の場合はうまく活用したいものです。

肩までつかり、「極楽!極楽!」などと声を発することが、本来の温泉の楽しみ方であることも忘れてはならないでしょう。
また、全身浴は体に負担をかける分、消費カロリーが大きく、ダイエット効果もあります。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉

霧島国際ホテルの温泉は分割浴しやすいように浴槽付近には便利な椅子がございます。

霧島国際ホテルの温泉で一泊九湯、湯めぐりで健康美人に!
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋