こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉には、透明の他に乳白色、茶褐色、エメラルドグリーン、黒など、いわゆる「にごり湯」というものがあります。
源泉の色は基本的にすべて透明なのですが、酸化することにより、「にごり湯」になる場合がほとんどです。
今回はブルーと無色透明の温泉についてお話させていただきます。

★コバルトブルーの温泉はケイ素が多いとコバルトブルーになりやすいです。
ケイ素は温泉の成分としては、「メタけい酸」のことをいいます。
メタけい酸は美肌成分なので、コバルトブルーの温泉は「美人の湯」と言えます。

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉
乳白色の温泉は、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病の適応症があることから、「メタボ対策の湯」と言ってもいいでしょう。

霧島国際ホテルの温泉は乳白色の硫黄泉です。
乳白色は硫化水素型の硫黄泉ですので、高血圧症、動脈硬化症が加わり、適応症には糖尿病もあることから、乳白色の温泉は「メタボの湯」と言ってもよいです。
霧島国際ホテルの温泉で健康美人に!皆様のご予約をお待ちしております。