硫黄島の温泉へ3 坂本温泉に入浴

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
8月から週1回、薩摩硫黄島へ定期運航を開始した「新日本航空」で行ってきました。
硫黄島へは鹿児島港から定期船「みしま」で3時間30分ですが、鹿児島空港から飛行機で行くとわずか50分で到着します。

島に到着すると港まで、送迎していただけます。
港近くでは、民宿で車を借りて出発!
まずは、島北の海岸沿いにある、無料で入れる坂本温泉にやってきました。

この坂本温泉は野趣あふれる温泉で、潮の干満によって姿を現したり、消したりします。
干潮時(画像上)は、手前の四角に囲まれたところから熱めの湯が湧きだしており、通常は入ることが難しいと思いました。

しかし、満潮時(写真2番目)には堤防の隙間から海水が流れ込んできて熱めのお湯を適温にしてくれます。
海水成分の加水ではありますが、快適に入浴することができました。
考え方によってはプール代わりにもなる素敵な場所だと思います。

霧島国際ホテルから薩摩硫黄島温泉へ湯めぐり

坂本温泉は日々異なる時間によって入ることができます。

霧島国際ホテルから薩摩硫黄島温泉へ湯めぐり

満潮時の坂本温泉はプールの様です。

霧島国際ホテルから薩摩硫黄島温泉へ湯めぐり

海水が流れ込んできて、適温入浴となりました。

薩摩硫黄島へ行かれる際の前泊は、霧島国際ホテルで、硫黄泉の美肌効果と、源泉かけ流し乳白色のにごり湯を、どうぞごゆっくりとお楽しみ下さいませ。
皆様のご予約をお待ちしております。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋