泉質や含有成分による美肌効果1

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
以前に掲載した「美人の湯1~3」以外にも、解釈のしかたによっては美人泉質はありますので、泉質や含有成分による美肌効果についてまとめてみます。

・(弱)アルカリ性単純温泉
pH7.5以上が弱アルカリ性単純温泉、pH8.5以上がアルカリ性単純温泉です。
pH値が高いほど肌の角質をとるはたらきは強いのですが、弱アルカリ性程度が適度な刺激で美肌効果が高いと言われています。
古い角質層の新陳代謝を促進するため、くすみをとったり、ツルツル肌にしたりしてくれます。
一方、入浴後の乾燥肌には注意が必要ですので、保湿剤を塗るなどのケアガ必要となってきます。

霧島国際ホテルの温泉は、硫黄泉の美人の湯で、肌に浸透しやすく、その浸透力は水の10倍とも言われます。
毛細血管の拡張作用がありますので、健康美人をつくってくれます。
源泉かけ流しで乳白色のにごり湯を、どうぞごゆっくりとお楽しみ下さいませ。

霧島国際ホテルの温泉は、硫黄泉の美人の湯で、肌に浸透しやすく、その浸透力は水の10倍とも言われます。

霧島国際ホテルの温泉は、硫黄泉の美人の湯で、肌に浸透しやすく、その浸透力は水の10倍とも言われます。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋