泉質別特徴 放射能泉4

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
無色透明な湯で、薬効の効率がもっとも高く、数が少なく貴重な温泉です。
成分が失われやすい泉質なので、加温、循環しておらず、鮮度がよいことが大切です。
ラドンの含有量8.25マッヘ以上が放射能泉に該当しますが、8.25マッヘ以上50マッヘ未満は「弱放射能泉」です。

放射能泉は、新潟県の栃尾又温泉、村杉温泉も有名です。
霧島国際ホテルの硫黄泉は、放射能泉とは異なり、白濁にごり湯で美肌効果が特徴です。
ぜひ機会がございましたら、放射能泉もお楽しみ下さい。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

放射能泉とは異なる霧島国際ホテルの硫黄泉。白濁のにごり湯が特徴です。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋