泉質別特徴 炭酸水素塩泉2 「重曹泉」

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
2014年7月より、鉱泉分析法指針が変更になりましたが、温泉分析表は10年以内のものを掲示してよいことから、最大でも10年は9つの泉質が温泉分析表の中に掲示されることになります。

炭酸水素塩泉は、旧分類では「重炭酸土類泉」と「重曹泉」に別れていました。
重炭酸土類泉は、カルシウム-炭酸水素塩泉、マグネシウム-炭酸水素塩泉で、重曹泉はナトリウム-炭酸水素塩泉です。
「重曹泉」は浴用においては皮膚の表面を軟化させる作用があり、皮膚病や火傷、切り傷によいと言われます。
また皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流すため、石鹸の様に皮膚を洗浄します。
そこで、皮膚表面が水分の発散が盛んになり、体温が放散され清涼を感じるため、「清涼の湯」(冷えの)と言われます。

また皮膚を滑らかにするため、ツルツル美白効果があり、典型的な「美人の湯」です。
飲用することにより、「胃酸薬」のように胃酸を中和します。
胃中では炭酸ガスを発生させ、粘液を溶解し、十二指腸につながる胃の部分である幽門(ゆうもん)の痙攣(けいれん)を鎮める作用があるとともに、胃内の排泄を促進します。
また、胃粘膜の充血を促し、胃の運動を高めるため、慢性胃炎にも良いのです。
このほか、吸入やうがいで利用することにより、気管支炎にも良いとされます。

霧島国際ホテルの周辺、霧島市内にも炭酸水素塩泉があります。
霧島国際ホテルの乳白色のにごり湯とはまた違った入浴感がありますので、ぜひ両方お試しくださいませ。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧:重曹泉)は典型的な美人の湯!

 


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋