泉質別特徴 単純温泉、アルカリ性単純温泉2

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
2014年7月より、鉱泉分析法指針が変更になりましたが、温泉分析表は10年以内のものを掲示してよいことから、最大でも10年は9つの泉質が温泉分析表の中に掲示されることになります。

アルカリ性単純温泉はpH8.5以上の単純温泉です。
弱アルカリ性単純温泉はpH7.5以上の単純温泉です。
(弱)アルカリ性単純温泉の場合は、肌の角質をとる美肌効果があります。
本来、自然湧出する温泉としては、塩化物泉が日本で一番多かったのですが、掘削技術の進化により単純温泉が日本で一番多い泉質となりつつ、海に近い都心部での温泉開発によりまた塩化物泉が多くなるなど入れ換わりがあります。
「成分が薄い」「温度しか規定値に達していない」とは言っても、実際には入浴剤を入れたお風呂かそれ以上の濃度を持ったものがほとんどです。

霧島国際ホテルは単純硫黄泉という泉質で、単純温泉、アルカリ性単純温泉はありませんが、霧島温泉郷の温泉では、霧島市横川健康温泉センターさんが、(弱)アルカリ性単純温泉の浴槽を持っている施設です。
霧島国際ホテルの硫黄泉に入ったあと、アルカリ性単純温泉の別泉質もお楽しみ下さい。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

霧島温泉郷の湯めぐりをどうぞお楽しみ下さいませ。


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋