泉質別特徴 単純温泉、アルカリ性単純温泉1

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
2014年7月より、鉱泉分析法指針が変更になりましたが、温泉分析表は10年以内のものを掲示してよいことから、最大でも10年は9つの泉質が温泉分析表の中に掲示されることになります。

単純温泉とは成分が単純なのではなく、含有成分の量が一定値に達していないものを言います。
つまり体にやさしい成分の薄い温泉なので、刺激が少なく高齢者や子供、デリケートな女性向きで、もっとも湯あたりしにくい泉質です。
温度の規定値のみ温泉の定義にあてはまることから、「単純 ”温” 泉」だと考えてもいいです。

単純温泉は、含有成分が微量な為、即効性は期待できませんが、石鹸の効きがよく、柔らかく気持ちよいです。
また、刺激が少ないので脳卒中などのリハビリなどに利用され、「脳卒中(痛風)の湯」「神経痛の湯」とも言われています。

霧島国際ホテルは単純硫黄泉という泉質で、単純温泉、アルカリ性単純温泉はありませんが、霧島温泉郷の温泉では、霧島神宮温泉の一部旅館さん、前田温泉カジロが湯さん、旅行人山荘さん、霧島ホテルさんが、単純温泉または、単純温泉の浴槽を持っている施設です。
霧島国際ホテルの硫黄泉に入ったあとは、仕上げの湯として単純温泉の別泉質もお楽しみ下さい。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

霧島温泉郷では、数多くの泉質が楽しめます。

【 湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル 】 鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分 露天風呂・大浴場・泥パック・蒸し湯などの温泉が楽しめる温泉宿


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋