温泉泉質の新分類名

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
環境省の鉱泉分析法指針が改訂されました ※平成26年改訂
温泉施設の脱衣所などに掲載されている温泉分析書の泉質名は現在10種類あります。

改訂前までは含銅泉、含アルミニウム泉という泉質がありましたが、含銅泉は含鉄泉に準じ、含アルミニウム泉は酸性泉に準じ、現在は現在は以下のとおりです。
単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、含鉄泉、酸性泉、硫黄泉、放射能泉、そして新しく含よう素泉が加わりました。

新しく加わった含よう素泉は、浴用の適応症はなく、飲用の適応症として、高コレステロール血症となっております。
温泉分析表は10年に1回の割合で各施設で更新されます。
日本中の温泉分析書がすべて切り替わるのには、最大でもあと10年かかります。
霧島国際ホテルの泉質は硫黄泉ですが、日々変わる温泉成分により、次回の泉質測定時はどのような泉質になっているのかが楽しみです。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

霧島国際ホテルの泉質は硫黄泉ですが、日々微妙に変わる温泉成分は一期一会!?

【 湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル 】
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分
露天風呂・大浴場・泥パック・蒸し湯などの温泉が楽しめる温泉宿


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋