露天風呂と大浴場の違い

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
白濁にごり湯の霧島国際ホテルの温泉ですが、イメージでは露天風呂の温泉がそのようになっております。
では大浴場(内湯)はどうなっているのでしょう?
全く同じ白濁にごり湯?かと思えば実際は異なっていて、透明な温泉で浴槽内には湯の花が舞っています。

この色の違いは温泉の種類が異なるのではなく、同じ温泉でも光や空気に触れる条件でも変わってくるのです。
大きな露天風呂に負けないくらい、大浴場も大きな広さを保っております。
時には誰もいなくて一時的に貸切のようになってしまうこともあります。

露天風呂は森林浴入浴でお楽しみいただけ、大浴場は常にあたたかい室内で体を冷ますことなくいろんな浴槽を楽しむことができます。
ぜひお湯の色の違いをチェックしてみて下さい。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉の露天風呂

白濁にごり湯温泉は露天風呂で、大浴場は白濁する前の硫黄泉がお楽しみいただけます。

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページからのご予約
露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿 霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋