こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
お客様に霧島温泉のイメージをたずねると、「湯けむりの温泉」と聞いたことがあります。
実際に霧島温泉に近づくとたくさんの白煙が見えてきて、これこそが湯けむりです。
「ゴォーゴォー」と音をたてて吹き上がる白煙の正体は、蒸気なのです。

この蒸気は高温ですので、触るとやけどをしたり、場所によっては硫化水素ガス成分が含まれていたりして、呼吸して吸い込むことも危険な場合があります。
しかし、この湯けむりは上手に使うととてもエコロジーなのです。

霧島国際ホテルでは、この湯けむりの熱い蒸気を露天風呂などの浴槽に入れて、温度管理をしています。
特に冬など寒い季節は温泉が冷めやすくなりますので、自然の力を利用してお客様が快適にご入浴できますように温泉の蒸気で加温しております。

もう1つは地熱発電です。
霧島国際ホテルの裏山の敷地には、地熱発電所があります。
温泉の責任者でもある湯守(ゆもり)やホテルスタッフが、見学ご希望のお客様をお連れして裏山の発電所ツアーもさせていただいておりますので、お気軽にリクエストくださいませ。
お子様の夏休み社会科見学にもおすすめですよ。

そして手軽に湯けむりを見るなら、霧島国際ホテル本館の大浴場から窓の外をのぞいてみると、写真のような湯けむりをご覧いただくことができます。
大地の恵みを実感しながら、どうぞ白濁にごり湯かけ流しの温泉をお楽しみ下さいませ。

霧島国際ホテルかけ流しの白濁にごり湯露天風呂、湯けむり
霧島温泉のイメージといえば湯けむり!湯守(ゆもり)が日々状態をチェックをしています。

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページからのご予約
露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿 霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です