温泉で緊張、興奮、リラックスの関係

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。
温泉には泉温によって自律神経にあたえる影響が変わってきます。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

温泉で例えますと、42℃の熱めの泉温では「交換神経」が心臓などの動きを活発にさせる「動」の神経がはたらいて体を「緊張」「興奮」させます。
40℃以下のぬるめの泉温では「副交感神経」は緊張、興奮を抑える「静」の神経が、体を「リラックス」させます。
40℃以下といっても冷鉱泉の温泉は逆に寒くて体が震えて「交換神経」がはたらいて「緊張」「興奮」状態になります。
温泉に入るといづれかが優位に立つので、目的に応じて入浴法を変えましょう。

霧島国際ホテルの露天風呂は源泉湯口や蒸気口の近くは高温で、そこから遠いところはぬるめの泉温でお楽しみいただけます。
ご家庭のお風呂でもおやすみ前に、ぬるめ温度での入浴をお試しください。

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流し温泉

ぐっすりとお休みいただくためにも、就寝前のご入浴は適切な温度があります。

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページからのご予約
露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿 霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋