本当に温泉なの?効能成分がなかったり、冷たかったり

dsc06260

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
温泉というと、温かくて効能成分がしっかりある!というイメージがありませんか?
「温泉法」で定められた「温泉の定義」によると、冷たくても温泉、効能成分がなくても温泉という場合もあります。
「温泉法」による温泉の定義は、源泉温度が25℃以上である、または温泉成分に関する19の条件のうち最低1つ規定値に達していることです。
法的には源泉温度が25℃以上あれば効能成分がない場合でも温泉であり、25℃未満の冷たいものでも温泉成分が規定値に達していれば温泉なのです。一般的に考えられている温泉のイメージとはずいぶんかけ離れているものですが、この2つは源泉に対する条件なので、「加水」「加温」「循環」「薬品・入浴剤等の投入」により、実際のお風呂にたまったお湯が、源泉とは“別物”になっている場合もあります。
なお、平成17年5月24日より、「加水」「加温」「循環」「薬品・入浴剤等の投入」をしている場合は、その旨と理由を脱衣場等に掲示する義務づけがされましたので、「温泉分析書」とともに、この掲示を見れば源泉と浴槽内の温泉との差がある程度わかるようになりました。
源泉温度が25℃以上あれば温泉成分に関係なく温泉の定義にあてはまることにより、新しい温泉はどんどん増えています。
地面を100m掘削するごとに地熱は2~3℃程度上昇することから、1,000~1,500m程度掘削し、地下水を掘り当てると、それは「温泉」ということになる可能性が高いです。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋