後世に残す想いがここにあります!黒神埋没鳥居

DSC03753
 
おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
1914年、大正3年の桜島の大噴火で噴出した大量の火山灰は、上空8000m以上まで上昇し、火山灰は遠くカムチャッカ半島まで飛んでいったと残されています。
この黒神地区にあった「腹五社神社」の鳥居は大正の噴火後、たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされ、 もともと高さ3mあったという鳥居が、今は約1mが地上に残されるほどとなってしまいました。

お昼のランチバイキング詳細 (8月は7、11、14、21、28日に開催)
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は9/11日、次々回は11/27 開催 !)
期間限定・夏休み森のプール 2016年7月21日 ~ 8月28日開催


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋