島津斉彬(照国)を祀る神社!照国神社

DSC01574

おはようございます、温泉ソムリエの桜井です。
照国神社は島津28代の藩主、島津斉彬(照国)を祀る神社です。
島津斉彬は1858年7月に50歳で急逝、文久3年(1863年)に勅令で照国大明神の神号がさずけられ、翌年東照宮(徳川家康)をまつっていた南泉院跡に社殿が建てられました。
照国神社は明治6年(1873年)には県社に指定、明治15年(1882年)には別格官幣社に昇格しています。

霧島国際ホテルに泊まって、硫黄にごり温泉で一泊九湯の館内湯めぐり、ご利益たっぷりの神社巡りもおすすめ! 霧島大地の恵みをたくさん浴びて健康美人に!皆様のお越しをお待ちしております。
お昼のランチバイキング詳細 (5月は22日、29日に開催)
温泉ソムリエ認定ツアー(次回は7/10日 開催)


霧島国際ホテルお問い合わせへ