龍の口からお清め!霧島神宮の手水舎

DSC01147

おはようございます、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ師範桜井です。
霧島神宮の手水舎(てみずや)は龍が迎えてくれます。
手水とは手と口を水で洗い清め、心身をきれいな状態にすることです。
順番としては以下のようになります。
1左手を洗う
右手で柄杓を持って水を汲み、左手に水をかけて清めます。
2右手を洗う
左手に柄杓を持ち替えて、左手の時と同じように水を汲み、右手に水をかけて清めます。
3口をすすぐ
右手に柄杓を持ち替えて水を汲み、左手のひらに水を汲み、口に含んで口を清めます。
4柄杓を清める
もう一度左手を清めて、柄杓を立てて残った水を柄に流して清めた後、元の位置に柄杓を戻します。

霧島国際ホテルに泊まって、硫黄にごり温泉で一泊九湯の館内湯めぐり!
霧島大地の恵みをたくさん浴びて健康美人に!皆様のお越しをお待ちしております。
霧島温泉郷、霧島国際ホテルで温泉ソムリエになろう!
次回の温泉ソムリエ認定ツアーはこちらから!


霧島国際ホテルお問い合わせへ