Monthly Archives: 10月 2016

家庭のお風呂や温浴施設で入浴事故で亡くなる方を減らす!年間19,000人もいる入浴事故者

温泉ソムリエ師範の桜井です、今日は定期更新の最終日となりました。2年以上の長きに渡り、毎日の更新にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。今後はこちらの場を使わせていただき、霧島国際ホテルの美味しい味覚、日本酒 […]

本当に温泉なの?効能成分がなかったり、冷たかったり

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。温泉というと、温かくて効能成分がしっかりある!というイメージがありませんか?「温泉法」で定められた「温泉の定義」によると、冷たくても温泉、効能成分がなくても温泉という場合も […]

どっちが正しい?温泉の効能と適応症の関係を知る

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。温泉は一般的に 「効能」 という言葉をつかいますが、本当は 「適応症」 と言わなければなりません。薬と異なり、温泉の効果は科学的に認められたものでなく、経験的にそのような症 […]

生活習慣病によいとされる硫黄泉!泉質別適応症と特徴

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。硫黄泉は硫化水素イオンが成分主体の「硫黄型」(緑色に濁る傾向あり)と、遊離硫化水素(ガス)成分の主体の「硫黄泉硫化水素型」(白濁する傾向あり)の2種類があります。硫黄泉はゆ […]

犬飼の滝 坂本龍馬とお龍が、新婚旅行で訪れた地

坂本龍馬とお龍が、新婚旅行で訪れた地としても有名な犬飼の滝(いぬかいのたき)高さ36m・幅22m 柱状節理の滝壁を豪快に落ちる 「この世の外かと思われほどのめずらしき所なり」「此所に十日計も止まりあそび、谷川の流にて魚を […]

三大敏感泉質とは?その特徴に迫る正しい入浴方法

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。三大敏感泉質という言葉があります。これは人の肌に与える影響ではなく、温泉そのものの成分が、時間の経過や加温・循環することによって成分が変質しやすい泉質をさします。その三大泉 […]

澄んだ空気、夕暮れの霧島温泉郷

朝は、周辺から立ちのぼる湯けむりを眺め、昼は、ブロッコリーのような緑色の山を眺め、夕は、澄んだ空気、夕暮れの霧島温泉郷を眺め、夜は、宝石箱のように輝く夜空を眺める。 ・・・・・【おすすめ旅のご案内】・・・・・※薩摩おごじ […]

三大湯あたり泉質をチェック!その正しい入浴方法

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。湯あたり泉質というと一見大丈夫かな?と思われるお客様もいらっしゃいます。その3泉とは、「酸性泉」「硫黄泉」「放射能泉」で、これらは刺激が強いだけに「湯あたり」もしやすいので […]

霧島神宮湯の池 野生のシカと出会うこともある霧島

霧島国際ホテルより、車で15分 「霧島神宮」 霧島神宮駐車場の先に、湯の池?なんと、シカが、湯の中に浸かっている❓ 猿が湯に浸かっている写真見た事が、ありますが、さすが、霧島!…シカを見かけるこ […]