Monthly Archives: 6月 2014

入浴による消費カロリーについて

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 1日の消費カロリーは、年齢、性別、体型などによって異なりますが、成人の平均的なエネルギー所要量は、1,500~2,000kcal前後です。 減量をしたいなら、食べる分の […]

露天風呂と大浴場の違い

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 白濁にごり湯の霧島国際ホテルの温泉ですが、イメージでは露天風呂の温泉がそのようになっております。 では大浴場(内湯)はどうなっているのでしょう? 全く同じ白濁にごり湯? […]

365日、霧の国である場所

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 霧島国際ホテルの中には発電所があります。 霧島温泉郷ならではの地熱を利用した発電所でございます。 ご宿泊のお客様にはリクエストをいただければ、敷地内の源泉ならびに発電所 […]

温泉市場で湯めぐりに大切なカロリー補給を

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 湯けむりは見た目も温泉地らしくてよいものですが、霧島温泉では地熱がもたらすこの湯けむりで蒸しもの販売をしています。 人気は温泉たまごで1日に100個以上売れています。 […]

湯けむりがあがる条件と大人の社会科見学

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 お客様がお泊りいただくお部屋の中には湯けむりビューのお部屋がございます。 温泉地ならではの光景ですが、湯けむりがあがっていない温泉地もあります。 これは源泉付近に火山の […]

温泉で緊張、興奮、リラックスの関係

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 温泉には泉温によって自律神経にあたえる影響が変わってきます。 自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。 温泉で例えますと、42℃の熱めの泉温では「交換神経」 […]

日帰り入浴でうれしい大広間

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 霧島国際ホテルでは日帰り入浴を受け付けています。 ご入浴と休憩はつきものですから、本館浴場前に日帰りのお客様専用の共同休憩室をご用意しております。 目の前の大きな売店で […]

飲泉の注意点と飲んでもよい条件

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 温泉を飲むことを飲泉といいます。 脱衣所などに掲げられている温泉分析表には、「飲用の適応症」が記載されていますが、書いてあっても飲んでいいとは限りません。 むしろ飲用許 […]

美人泉質の泥パック

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 温泉が湧くところにはお湯だけでなく、温泉の成分も一緒にでてきます。 湯の花や湯けむりが代表的ですが、地中から出てくるもので泥も出てくることがあります。 この泥は温泉成分 […]

樹木成分の森林浴で転地効果

こんにちは、霧島国際ホテルの温泉ソムリエ桜井です。 旅に出るととても気持ちがいいですね。 温泉に限らず、リフレッシュできた!と皆様、実感したことがあるかと思います。 これを転地効果といい、それが温泉地ならその効果はもっと […]