老杉に囲まれた、何とも荘厳で清浄な空気に包まれた霧島神宮

創建が神代の昔という、南九州屈指の名社。 霧島山の噴火で焼失と再建を繰り返し、現在の社は、1715年に島津吉貴が寄進した。 天孫降臨の神話の主人公、ニニギノミコトを祀る。
老杉が茂る広い境内に建つ朱塗りのご社殿は、典雅で荘厳。 国道の脇、外参道にそびえたつ大鳥居は、22.4m。

所在地〒899-4201鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
電話 0995-57-0001 Fax  0995-57-1990
営業時間 境内の参拝自由。
祈願などの受付および授与所の受付は8時~18時
休業日   年中無休 料金
参拝無料
駐車場   あり(無料)500台/バス駐車所10台 お手洗い 駐車場の所にあります。

霧島神宮

霧島神宮 御神木
下から見上げる杉、時を経て参拝者を見守ってきたのだろう
霧島神宮の御神木 高さ33m 推定樹齢 800年

霧島神宮御神木に神様が・・・。
上の方をよーくみると、神様が♪
霧島神宮
周りの森に守られているような、優雅な社♪ 霧島神宮
「二礼・ニ拍手・一礼」お賽銭を賽銭箱に入れ、心の中で感謝の気持ちを伝え・・・・。
霧島神宮 おみくじ
パワースポットとしても有名な霧島神宮! 恋愛運向上を願いついつい「恋みくじ」したくなる♪ 指定の場所に「縁」を結び!霧島神宮

Google Earth/Google Maps 用のKML 形式でエクスポート独立マップをフルスクリーンモードで開くフルスクリーンモードでスタンドアロンマップ用のQRコード画像を作成するGeoJSON 形式でエクスポートGeoRSS 形式でエクスポート
霧島神宮 <霧島国際ホテルから車で15分>

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

霧島神宮(きりしまじんぐう): 31.858655, 130.869143
湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル: 31.894483, 130.826192
marker icon
ルート検索する 独立マップをフルスクリーンモードで開く Google Earth/Google Maps 用のKML 形式でエクスポート
湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル



鹿児島の食材と天然温泉「じゃらんベストプランニング大賞」受賞

「鹿児島黒毛和牛」や「鹿児島黒豚しゃぶ」など鹿児島の旨みを満喫☆最上階露天風呂付客室やプレミアムルームなどテラスから眺める湯けむりは温泉情緒たっぷり。
露天風呂・蒸し湯・泥パック等温泉も充実。

〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
TEL:0995-78-2621(代)・FAX:0995-78-3139

marker icon
ルート検索する 独立マップをフルスクリーンモードで開く Google Earth/Google Maps 用のKML 形式でエクスポート
霧島神宮(きりしまじんぐう)

天孫降臨の神話の主、ニニギノミコトを主祭神として祀る神社。その歴史は古く、平安時代に編纂された「延喜式」にも記されています。
もともとは高千穂峰付近にあった社殿は噴火による焼失で何度も移り、現在の社殿は島津藩主吉貴公の寄進で300年ほど前に建てられました。老杉に囲まれた、何とも荘厳で清浄な空気に包まれた神社です。
〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
TEL 0995-57-0001
◆霧島国際ホテルより、霧島神宮まで車で約15分◆

霧島国際ホテルお問い合わせへ

おだやかな春の「霧島神宮」で参拝後は、あし湯「霧島」でひと息

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」
(2015年3月27日 撮影)
午前中から多くの参拝客が訪れておりました。

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

大鳥居近くの観光案内所の所にある あし湯「霧島」
硫黄の香りがほんのりと、桜の花びらが湯船に浮いていたり
是非、霧島神宮へ行かれた際に、お立ち寄りされては、いかがでしょうか。

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

春の「霧島神宮」・あし湯「霧島」(2015年3月27日 撮影)

霧島国際ホテルお問い合わせへ