天孫降臨御神火祭 2015年11月10日(火曜日)

霧島市観光協会のブログより記事引用
去る11月10日(火)、霧島神宮の大祭、天孫降臨御神火祭が行われました。

御神火祭とは、霧島神宮の御祭神ニニギノミコトの天孫降臨の道しるべとして御神火を焚いてお迎えした故事に由来する祭事で、高千穂河原古宮址の斎場において夕闇迫る頃鑚り火により採火した御神火をうず高く積み上げた薪に点火。火柱を立てて燃え盛る御神火の前で神職が大祓詞を奉唱し、参列者の願いを託した祈願札、絵馬が焼納され世の中の不浄が祓い浄められます。
また同時刻に高千穂峰の頂上でも斎行されました。

祭典終了後には霧島九面太鼓、霧島神楽の奉納もあり、御神酒やお餅が振るまわれ、御神火で焼餅にし、ありがたくいただきました。

天孫降臨御神火祭は、毎年11月10日に行われます。

12208430_1023747204312267_2205771674507787321_n


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋