東霧島神社 (つまきりしま)霧島六社権現巡り♪ 厄除開運の神

東霧島神社 (1) 【東霧島神社の由来】 (都城市高崎町鎮座) 東霧島神社は霧島六所権現の一つで「延喜式」に登場する霧島神社が当社であるといわれる古社であります。 東霧島神社は霧島盆地・諸県地方を代表する奉斎山岳信仰の祈りの宮として祀られ、第五代孝昭(こうしょう)天皇の御世に創建されたと伝えられる。その後、第62代村上天皇の御世、応和3年(西暦963年)京都の人、天台宗の僧、性空上人(しょうくうしょうにん)が巡錫参篭(じゅんしゃくさんろう)し、噴火出土で焼失し、埋没した神殿を再興されました。 江戸時代になって東霧島大権現宮と唱えるようになりました。 御祭神は建国の祖とたたえられる伊弊諾尊(イザナギのミコト)を主祭神として地神5代の天照大御神(あまてらすおおみかみ)より神武天皇に至る皇祖を合祀し、ご神宝十握の剣(とつかのつるぎ)を御奉斎申し上げております。 御祭神は日本国土を生み給うた父で、国造りの神・国家の御守護はもちろん、広く農・工・商すべての開運・福寿・治病・航海・縁結び・安産など世の中の幸福を増進することを計られました人間生活の守護神であらせられます。特に、霊界の主宰人としてのご霊威は最も高く、古来より式内名社として尊崇されているほか、中世よりは厄除け開運の霊験あらたかなる権現様と親しく呼ばれているほど、根強い庶民信仰の代表的な神社であります。 東霧島神社 (2)

【東霧島神社の「神石」について】
天地が開け、万物が成長し初めた神代の昔。 天地創造の神である、イザナギの尊、イザナミの尊が誕生されました。 夫婦となられた神様は国土・山川草木に至る私たちの生活に必要な種々のものを生成なされました。 あらゆるものを生み成していく中で、私たちの生活に最も大切な『火の神』をお生みになられたことにより、妻イザナミの尊はこの世を去られたのであります。 夫の神、イザナギの尊はまだまだこの世に残さねばならないことがたくさんあります。 愛しい妻よ、今一度我がもとに帰ってくれよと嘆き、悲しめども亡き人は帰る術もありません。 その愛しい妻イザナミの尊を恋い慕う悲しみの涙で凝り固まったのが、『神石』(神裂石・魔石・雷神石・割裂神石)であるといいます。 そして、夫イザナギの尊が腰に付けていた「十握の剣(とつかのつるぎ)で悲しみの涙で凝り固まった石を今後再びこのような災難に世人が遭わないように・・・・と、深き祈りの心を込めて三段に切ったといいます。 『十握の剣』は当神社の神宝であり、厄除け・魔除けの神となり御社殿に鎮め納めております。

【故有谷の泪雨(ゆやだに なみだあめ)】
『神石』のある谷を故有谷といいます。 泪雨というのは「神石」(神裂石・魔石・雷神石・割裂神石)に一滴の水を注ぐと、必ず神雨降り注ぐという。 昔から旱魃(かんばっ)の年には社僧に願って、この神石に雨乞いをして五穀豊穣を続けてきたのであります。 明治初年、三島地頭(みしまぢとう)が母智丘神社を建立した時、この『神石』を人夫を以て五十市の方へ運ぼうとしたところ、一天俄(いってんにわ)かに曇って激しい雷雨が轟き、数ヶ所に落雷し、死者さえも出たので、皆ちりぢりに逃げ帰ったといいます。依って、この石を・・・雷神石ともいいます。

  東霧島神社 (3) 東霧島神社 (4) 東霧島神社 (5) 東霧島神社 (6) 東霧島神社 (7) 四百年の大杉に龍神現れる。 まか不思議 ご利益大 東霧島神社 (10) 東霧島神社 (11) 東霧島神社 (12) 東霧島神社 (13)   東霧島神社 (15) 東霧島神社 (16) 東霧島神社 (17) DSC_0170_JALAN_141207 東霧島神社 (18) 厄除開運の神 「東霧島神社」 〒889-4504 宮崎県都城市高崎町東霧島1560番地イ号 電話 0986-62-1713 ・(夜) 0986-62-1406 FAX 0986-62-2615 ①パワースポットとしても有名な「霧島神宮」 https://www.kirikoku.co.jp/blog/5166 ②霧嶋山大権現 東御在所之宮 「霧島東神社」 https://www.kirikoku.co.jp/blog/5191/ ③ご降誕の地 「狭野神社」 https://www.kirikoku.co.jp/blog/5378/ ④厄除開運の神 「東霧島神社」 https://www.kirikoku.co.jp/blog/5708/ ⑤古く由緒のある「霧島岑神社」 https://www.kirikoku.co.jp/blog/5763/

霧島六社権現(きりしまろくしゃごんげん)
宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島山の周辺にある以下の6つの神社の総称である。霧島六所権現(きりしまろくしょごんげん)ともいう。 霧島岑神社(霧島山中央六所権現。別当・瀬多尾寺) – 宮崎県小林市鎮座。旧県社 霧島東神社(霧島東御在所両所権現。別当・錫杖院) – 宮崎県西諸県郡高原町鎮座。旧郷社。 社宝:天逆鉾(高千穂峰山頂、霧島東神社飛び地)。 霧島神宮(西御在所霧島六社権現。別当・華林寺) – 鹿児島県霧島市鎮座。旧官幣大社。 東霧島神社(東霧島権現。別当・勅詔院) – 宮崎県都城市鎮座。旧県社。 狭野神社(狭野大権現。別当・神徳院) – 宮崎県西諸県郡高原町鎮座。旧県社。 夷守神社(夷守六所権現。別当・宝光院) — 明治時代に霧島岑神社に合祀 霧島六社権現は、村上天皇の時代に、霧島山などで修験道の修業を行った性空によって整備されたものである。現在は、日本神話に記される日向三代の神々が祀られているが、元々は霧島山そのもの信仰対象とする山岳信仰であり、霧島山を道場とする修験者の拠点であった。 ※「ウィキペディア」ホームページより記事引用

【御朱印】
「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職、氏子などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれ、その墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。近年では寺社名や本尊の墨書せず寺社名や本尊の入った印章(スタンプ)を押す、あらかじめ書置きした別紙、墨書を複写した別紙を、渡されるもしくは貼り付けられる寺社もある。 起源には諸説あるが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力である。そのため、朱印を「納経印」と呼ぶこともある。現在でも納経をしないと朱印がもらえない寺院が存在するが、多くの寺社では少額の金銭(初穂料・御布施)を納めることで朱印がもらえるようになっている。金額は、2007年現在、多くの寺社で300円としているが、500円(烏森神社など)などそれ以上の額が提示されることもある。また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない場合もある。この場合、「志納」という。また、服装に輪袈裟や白衣姿などでないと応じない寺院、事前に電話等での連絡が必要な寺社もある。 朱印は印に寺社名が入っていることから、寺社で授与されるお札などと同等とされ、粗末に扱うべきではないとされる。実際、朱印帳を普段は神棚や仏壇に上げているという人も少なくない。 西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣、他にも寺社何ヶ所か合わせての七福神めぐりに代表される霊場巡り等の場合には、専用の朱印帳や用紙、色紙、掛軸などが用意されていることもある。四国八十八箇所詣などの霊場巡りでは、巡礼中に着ている白衣(びゃくえ)に御朱印をもらう場合もある。 朱印はひとつとは限らず複数扱う寺社もある、寺院によってはご詠歌や仏堂、仏像ごとに、神社によっては摂末社や兼務神社の朱印をもらえることもある。また、年中行事や秘仏の御開帳、特別公開期間などに合わせて特別な朱印にすることもあり、複数の霊場を兼ねる寺社では霊場ごとに別の朱印が用意されていることもある。 日蓮宗の寺院では他宗派の朱印が書かれた朱印帳だとお題目を略されて、「妙法」などとしか書かれない寺院もある。また、一般的には浄土真宗の寺院では参拝者に朱印を押印しない。 寺社以外には、天皇陵での御陵印や、史跡や城(松本城、鶴ヶ城)での集印をする人もいる。 スタンプ帳やメモ用紙などへの朱印を拒絶している寺社もある。また、オリジナルの朱印帳を用意している寺社もありこれを収集する人もいる。 ※「ウィキペディア」ホームページより記事引用

【霧島六社権現おすすめプランのご案内】
お車で約半日で、まわれます。
特典内容
①ホテルオリジナル「霧島六社権現」パンフレットをプレゼント。 ②ホテルオリジナル「御朱印帳」をプレゼント。 ③運気UPした後に♪デトックスにおススメ★女性限定で岩盤浴サービス。
お食事 夕食 和食会席料理(レストラン) 前菜・造り・煮物・洋皿・一人鍋・温物・茶碗蒸し・さつま汁・御飯・漬物・デサート 朝食 和洋バイキング(レストラン)
天孫降臨の地「霧島」で始める六社権現【運気上昇旅】×【癒しの旅】湯の華舞う白濁の湯日頃の疲れを癒すプラン


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋