西郷隆盛がこよなく愛した「からしぶた」。

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページ予約

露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿
霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分

お問合せ・ご予約は、霧島国際ホテル 0995-78-2621
公式ホームページ予約

露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿
霧島国際ホテル
〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分

西郷隆盛がこよなく愛したからしぶた。
当時の製法をそのままに秘伝の味を再現しました。

鹿児島は古来より、鹿児島黒豚の脂肪を「白身」と言って、貴重なエネルギー源としていました。
もちろん、「西郷どん」も好んで食べていました。
黒豚の旨さは「白身(脂肪)」にあります。特にバラ肉は、「白身と赤身」が微妙に重なり合い、さらに美味しくいただけます。「からしぶた」のバラ肉は、9ヶ月以上の飼育期間を守ることによって、「白身(脂肪)」が多少厚くなる事がありますが、それが「とろける旨さ、上品な甘味」を作り出しているのです。

「西郷どんのからしぶた」

こんにちは。(株)開墾舎 代表取締役の西郷隆夫と申します。私は西郷隆盛の嫡男・寅太郎の孫になります。

私は神戸生まれの神戸育ちですが関西人ではないと思っております。ルーツは先祖代々住んできた鹿児島です。ですから私は鹿児島に幕末のような活気を取り戻したいという想いがあります。鹿児島には古くから薩摩独自の地域に根ざした郷中教育という武士階級の師弟教育がありました。先輩から学んだことを後輩に受け継ぐのが郷中教育の伝統です。若い世代の人たちに素晴らしい薩摩魂、明治維新を中心とする歴史や南国文化、薩摩の誇りや「かごしま物語」のようなドラマを多いにアピールし一人でも多くの鹿児島のファンを県外内に増やし鹿児島の経済発展に繋がればと思い、この度(株)開墾舎という自身の会社を設立いたしました。

2018年には「明治維新150年」を迎えます。これを機に近代化の礎を築いた鹿児島に関わりが深い西郷隆盛をはじめ郷土の偉人たちの足跡を学び、我々は「世のため人のために尽くし、そして次の時代へ生かしていく」ことが大切なことだと思います。弊社ではその西郷隆盛が実際に食していた「からしぶた」を西郷家の子孫たちで再現

「西郷どんのからしぶた」

「西郷どんのからしぶた」

◎西郷どんの からしぶた 1箱(季節柄)1,296円(税込)~霧島国際ホテル プチコンビニにて販売中
◎西郷どんの からしぶた限定セット 3,300円(税込)~霧島国際ホテル プチコンビニにて販売中

この「からしぶた」は西郷隆盛の妻(イト)の実家岩山家に受け継がれてきた薩摩料理が「からしぶた」です。お正月やお祝い事など、めでたい日の特別料理として少しでも長く保存できるように抗菌作用をもつとされる”からしとお酢”を使用し、イト自慢の家庭料理として西郷隆盛がたいそう気にって食べておりました。この西郷隆盛が食した「からしぶた」を通して「西郷どんの教え」を継承していきたいという気持ちでこの度、鹿児島の熱き志を持った、「有馬さん」や各関係者の皆様のお力をお借りして商品化に至りました。鹿児島の豚の角煮の味とは違い「お酢の酸味と程よい辛み」のさっぱりとしたお味です。

霧島国際ホテルの売店で販売しています

「西郷どんのからしぶた」霧島国際ホテルの売店で販売しています

白濁「美肌の湯」 大好きだから 守りたい つなぎたい 霧島の大自然

白濁「美肌の湯」 大好きだから 守りたい つなぎたい 霧島の大自然

露天風呂・蒸し湯・大浴場・泥パックなど温泉も楽しめる宿
霧島国際ホテル オフィシャルページは、こちら より
〒899-6603
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12
TEL:0995-78-2621
鹿児島空港より車で30分・霧島神宮まで車で15分


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋