掘れば温泉!
地中の深いところほど圧力が大きく、またマグマにも近づくので、地中を100m掘るごとに地下水の温度は2~3℃前後上昇します。
つまり、地面を1000mほど掘って湧出した地下水は25℃以上になっていることが多く、温泉の定義によると「温泉」なのです。海の近くなら海水の成分に近い「塩化物泉」になりやすいのです。
このようなことから、温泉は自然の恵みというイメージがありながら、掘削技術の進化により、都心部でも温泉地が新たに誕生する時代なのです。
たまには旅に出て、自然の中で、より効果の高い温泉でストレス解消、温泉療養をしてみませんか?