温泉とは・・・・
「温泉」には、「温泉法」で定めた定義があるのです。温泉法による温泉の条件とは下記の通りです。
日本の温泉法は昭和23(1948)年に施工され、その後、何度か改定されています。
第2条 この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

「別表」に掲げている条件は下記の2つです。
1.「温度(温泉源から採取されるときの温度とする。)」が25℃以上であること。
または、
2.「溶存物質の総量」「リチウムイオン」「水素イオン」「よう化物イオン」「メタけい酸」など含有成分に関する19の特定の条件のうち1つ以上規定値に達しているもの。

つまり、「温度」か「成分」のどちらかが規定に達しているものが「温泉」です。
ですから、法律的には、冷たくても温泉、成分が含まれていなくても温泉となりうるのです。

露天風呂「白紫」【霧島国際ホテル 】