霧島国際ホテルでは、豊富に湧き出る温泉の中間熱エネルギーを利用した地熱発電等による地球温暖化防止に取り組んでいます。また、お客様に親しまれ愛されるホテルを目指し、ロビーの展示やイベントの開催、社歌の放送なども行なっています。

霧島国際ホテルのエコへの取り組み

地熱発電設備

当ホテルでは、1984年2月より、余剰温泉蒸気を活用し100KWの自家用地熱発電を稼働させ、ホテル使用電力の1/4~1/5をまかなってきました。
現在地熱発電設備は、経年劣化による機器の不具合等もあり停止しておりますが、既存する発電方式としては国内でも少ない為、地熱発電の歩みとして学習や見学を行っています。

地熱発電設備の学習や見学を、
学校関係の教育目的に限って随時行っています。
お問い合わせ・お申し込み/霧島国際ホテル 0995-78-2621

温泉熱の活用

地熱発電のほかにも、冷暖房や給湯加熱にクリーンな地熱エネルギーを活用しています。CO2排出削減については、グリーン電力証書に替えて貢献しています。

森林保全事業に還元

次世代をになう青少年への環境問題啓蒙活動のため、修学旅行等でホテルに宿泊され、地熱発電所を見学された場合、1人当たり50円(地熱発電省エネ効果1人分)を、霧島の自然を後世に残すために使います。

チャレンジ25への取り組み

地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継いでいくための“地球温暖化防止”国民運動を、全従業員一丸となって推進しています。

「かごしま環境パートナーズ協定」

「かごしま環境パートナーズ制度」とは、鹿児島県と企業とが協定を結び、協力して環境保全活動に取り組む制度です。 霧島国際ホテル(大和紡観光株式会社)は、平成22年10月に鹿児島県と「かごしま環境パートナーズ協定」を締結し、地熱エネルギーを活用した発電や地球温暖化防止の普及啓発、環境保全イベントへの参加等の環境保全活動に取り組んでいます。

鹿児島商工会議所
「エコロジー大賞」を受賞

霧島国際ホテル(大和紡観光株式会社)は、企業活動を通じて環境保全に取り組み、環境負荷の少ない持続可能な経済社会づくりに寄与したとして、平成26年1月、鹿児島商工会議所より、産業経済賞エコロジー大賞を授与されました。

皆様に親しまれるホテルを目指して

ロビーの展示・イベント開催

ロビーに展示されている、巨大なオブジェは、大阪万博の際にチェコスロバキア館が出展した「ガラスの雲(レネ ルビィチェック作)」というアート作品。その他、季節ごとにさまざまな展示やイベント企画で、ご来館の皆様をお迎えしています。

オリジナルソングでお客様をお見送り

1971年、南九州一の豪華設備でオープンした霧島国際ホテルを全国にアピールするために作られたのが、オリジナルの社歌『霧島おじゃれ』。作詞・山上路夫、作曲・いずみたく、歌・ピンキーとキラーズという、当時の日本歌謡界を代表する豪華な組み合わせで制作されました。
ご宿泊のお客様に親しんでいただきたいと、毎朝、ホテル玄関のスピーカーからこの歌が流れています。
お客様の旅の安全とまたのご来館を祈念して、当ホテルスタッフが歌とともに、笑顔でお客様をお見送りさせていただいております。


宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋