霧島にきたら、ぜひゆっくり楽しんでいただきたい温泉。ただ浸かって温まるだけでなく、入り方によって、さまざまな効能が期待できます。身体と心をリフレッシュさせるさまざまな入浴法やバラエティー豊かな温泉で、ぜひ温泉タイムを満喫しましょう!

温泉の入り方・入門編 > 温泉の入り方・応用編 癒し入浴法/痩身入浴法 > 目的別で楽しむ温泉 温泉泥パック/蒸し湯/岩盤風呂 >

霧島国際ホテルの源泉・丸尾温泉

霧島温泉郷には多くの源泉があり、その中心となっている「丸尾温泉」が霧島国際ホテルの源泉。8本ある自家源泉は、ホテル裏の敷地内から湧出しています。
高温の温泉が豊富に湧き出る丸尾温泉の源泉は大浴場や露天風呂に運ばれ、徹底した温度管理のもと、快適な湯温に保たれています。

丸尾温泉の泉質と効能

丸尾温泉の湯は、単純硫黄泉。温泉らしい、硫黄の臭いのする湯で、ホテル内の湯はほぼ同じ泉質の温泉です。PH5.8の弱酸性で、お肌がツルツルになるのもそのため。美肌効果だけでなく、皮膚病や傷の治癒、胃腸病、神経痛、リウマチ、糖尿病、動脈硬化などを適応症とする温泉です。

美しい青は天然の癒しの色

ホテル自慢の露天風呂は、晴れた日には湯の色が美しいブルーになります。これは、湯に含まれる成分が、外気と反応しておこる現象。それだけ、湯の花成分の多い、フレッシュな湯が湧き出ている証です。四季折々の自然の中で、ゆったりと美しい湯に浸かる、癒しの時間をお過ごし下さい。

温泉では、まずは入浴のマナーを守りましょう。さらに基本的な入浴法の知識で、体に負担のかからない快適な入浴が楽しめます。

温泉施設では、まず湯船に入る前にお湯をかぶり、体の汚れを落とすことがマナーです。また、かけ湯にはカラダをお湯に慣らしたり、のぼせ・立ちくらみを予防したりするなどの働きもあります。

一気に湯船に首まで浸かると、体に負担がかかります。まずは、半身浴で体を慣らしましょう。また、長い入浴を重ね過ぎず小刻みに湯船に浸かり、1日3回までを目安に温泉に入りましょう。

入浴後は水分を補給し、湯冷めに注意して、できるだけ自然の風で涼むようにしましょう。入浴で上昇した血圧が下がるまで、少なくとも30分ぐらいは横になって休むのが理想的です。

温泉は入浴の仕方によって、新陳代謝やリラックスなどの効果をさらに高めることができます。

ゆっくりカラダがあたたまり、心までほぐされる入浴法。精神疲労や不眠症には高い効果があります。

お湯に浸かることで新陳代謝が活発になり、カロリーが消費されます。じっくり長く続けるほど効果が高まります。

※無理せず体調に考慮した入浴を心がけましょう。

霧島国際ホテルには大浴場や露天風呂以外にも、さまざまな効能のある温泉とお風呂をお楽しみいただけます。

「温泉泥パック」

美肌効果といえば、やっぱりこの「泥パック」! 温泉泥は有機物を溶かし、皮膚をキレイにする美白効果があり、お肌をスベスベにしてくれます。

>こちらが、温泉泥。天然の温泉成分を含んだ、なめらかな泥を体に塗って乾かし、温泉で洗い流します。

「蒸し湯」

『天然温泉蒸し湯 きりしま』は温泉を床下に通し、発生した温泉の湯気を利用した昔ながらの蒸し湯です。自然の湯気なので機械式ミストより粒子が細かく、低温でも蒸気による発汗作用、新陳代謝がより促進されて、デトックス効果抜群!疲労回復や痩身に効く、体に優しい蒸し風呂です。

>40~50℃の低温なので、サウナが苦手という方にも好評。温泉の蒸気でお肌もしっとり、女性にもうれしい温泉です。

「岩盤風呂」(有料・要予約)

岩石から放たれる遠赤外線やマイナスイオンが体を芯から温めて活性化し、新陳代謝を促します。寝ているだけで大量の汗が放出され、デトックス効果を実感できます。

>自然の力をチャージしながら、老廃物をデトックス。体の内側からキレイになれます!

【岩盤風呂ご利用案内】
事前にフロントまでご予約ください。
利用時にフロントで浴衣、バスタオル、フェイスタオル、利用札をお渡しいたします。
ご利用時間は男性が6:00~10:30、女性が11:30~22:00までとなります。(10:30~11:30は清掃時間)
料金はご宿泊のお客様は1,000 円、日帰りでご利用のお客様は、1,620 円。ご利用時間は1時間30分です。