家庭のお風呂や温浴施設で入浴事故で亡くなる方を減らす!年間19,000人もいる入浴事故者

温泉ソムリエ師範の桜井です、今日は定期更新の最終日となりました。
2年以上の長きに渡り、毎日の更新にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
今後はこちらの場を使わせていただき、霧島国際ホテルの美味しい味覚、日本酒について不定期更新をしてまいります。
今回は一番大切な入浴法を皆様にお伝え致します。

入浴中に亡くなる方の数は、なんと年間に約19,000人です。
正式な統計がないので約としましたが、いずれにしても交通事故の4~5倍も年間で入浴中に亡くなっています。
その中でも冬に亡くなる高齢者だけでこの80%を占めます。
原因は、入浴による血圧の急上や急な血行促進により血管が詰まったり破れたりすることによります。
具体的には脳卒中や心筋梗塞といった症状によります。
特に冬は外気温の低さとお風呂の熱さの温度差がいけないとされています。
その理由として体が冷えている状態で熱いお湯につかるので、血圧が急上昇しやすいのです。
では、どうしたらこのような不幸な事故が防げるのでしょうか?
外気温の低さとお湯の熱さの温度差がいけないのですから、脱衣場や浴室を暖めて、お湯の温度を下げればいいということになります。
脱衣場は暖房で暖め、浴室は熱いシャワーを壁にかけたり浴槽に蓋をしないで浴室に蒸気を充満させたりなどするとよいでしょう。

昔は家で一番偉い人から順番にお風呂に入るという習慣がありましたがお湯を沸かした直後はお湯が熱く、浴室が暖まっていませんので高齢者の一番風呂はよくありません。
また、入浴前後の水分補給と充分な「かけ湯」も大切です。
血液粘度が高い、いわゆる「ドロドロ血」の状態ですと血管に負担がかかりやすいので、入浴後だけでなく入浴前にも水分を補給し、「サラサラ血」の状態をつくっておきましょう。
入浴15分前に水分補給をするのが効果的です。
「かけ湯」は入浴前に体にお湯をかけて体を充分に温めるためのものです。
足先など心臓の遠くから順に「かけ湯」をしていきましょう。
さらには、かけ湯で体が温まったからといってジャボンと急にお風呂につかるのでなく、ゆっくり入り、ゆっくり出るというのも入浴のコツです。
入浴で大敵なのは急激な温度変化だけでなく、水圧による負担もあります。
さて、高齢者に迫る入浴中の危険は、脳卒中や心筋梗塞のような血管系の疾患だけではありません。
入浴直後は血圧が急上昇するのですが、体が温まると血管が広がり、逆に血圧が下がります。
これにより入浴中に意識を失い溺死することもあるのです。
正しい入浴法は最高の健康法の一つなので、入浴中の不幸な事故には気をつけましょう!

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !

霧島国際ホテルお問い合わせへ

本当に温泉なの?効能成分がなかったり、冷たかったり

dsc06260

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
温泉というと、温かくて効能成分がしっかりある!というイメージがありませんか?
「温泉法」で定められた「温泉の定義」によると、冷たくても温泉、効能成分がなくても温泉という場合もあります。
「温泉法」による温泉の定義は、源泉温度が25℃以上である、または温泉成分に関する19の条件のうち最低1つ規定値に達していることです。
法的には源泉温度が25℃以上あれば効能成分がない場合でも温泉であり、25℃未満の冷たいものでも温泉成分が規定値に達していれば温泉なのです。一般的に考えられている温泉のイメージとはずいぶんかけ離れているものですが、この2つは源泉に対する条件なので、「加水」「加温」「循環」「薬品・入浴剤等の投入」により、実際のお風呂にたまったお湯が、源泉とは“別物”になっている場合もあります。
なお、平成17年5月24日より、「加水」「加温」「循環」「薬品・入浴剤等の投入」をしている場合は、その旨と理由を脱衣場等に掲示する義務づけがされましたので、「温泉分析書」とともに、この掲示を見れば源泉と浴槽内の温泉との差がある程度わかるようになりました。
源泉温度が25℃以上あれば温泉成分に関係なく温泉の定義にあてはまることにより、新しい温泉はどんどん増えています。
地面を100m掘削するごとに地熱は2~3℃程度上昇することから、1,000~1,500m程度掘削し、地下水を掘り当てると、それは「温泉」ということになる可能性が高いです。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

どっちが正しい?温泉の効能と適応症の関係を知る

霧島国際ホテル白濁にごり湯かけ流しの露天風呂で足湯もおすすめ

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
温泉は一般的に 「効能」 という言葉をつかいますが、本当は 「適応症」 と言わなければなりません。
薬と異なり、温泉の効果は科学的に認められたものでなく、経験的にそのような症状に対応してきたというのが、一般的に 「効能」 として紹介されるものなので、本当はあくまで「適応症」なのです。
温泉の薬理効果は科学的データによるものでなく法律によるものと考えてもいいのです。
そう考えると 「効能はないの?」 と思う方もいるかもしれませんが、未知な部分が多い温泉だからこそ、色々な症状が改善されることに期待ができるのです。
温泉分析書に記載されている 「適応症」 を信じて入浴したり、自分の持つ症状に効くと思って入浴してください。
温泉の未知なる無限のパワーとそれを利用する人の信じる力が、体にエネルギーを与えてくれます。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

生活習慣病によいとされる硫黄泉!泉質別適応症と特徴

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉

霧島国際ホテルの温泉は分割浴しやすいように浴槽付近には便利な椅子がございます。

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
硫黄泉は硫化水素イオンが成分主体の「硫黄型」(緑色に濁る傾向あり)と、遊離硫化水素(ガス)成分の主体の「硫黄泉硫化水素型」(白濁する傾向あり)の2種類があります。
硫黄泉はゆで玉子が腐ったような臭いがし、もっとも温泉らしく感じられる泉質とも言われています。
特に硫化水素型はこの臭いが強く、硫黄泉は殺菌効果が高いため皮膚病にもよいといわれています。
また、硫化水素型の硫黄泉は「糖尿病」「高血圧」「動脈硬化」に効能があり、温泉ソムリエ的に「生活習慣病の湯」「メタボの湯」と呼んでいます。
さらには、硫化水素泉は痰の切れをよくするので、「痰の湯」とも呼ばれます。
硫化水素泉は皮膚への浸透効果が大変高く、刺激が強い温泉であることから「湯あたり」に注意しなければなりません。
そして、換気が悪いと中毒になったり、金属を酸化させて黒く変色させたりする作用もありますので、注意が必要です。
硫黄泉の温泉に入る時は、アクセサリーなとは必ずはずしましょう。
また、硫黄泉は肌への刺激が強いので、温泉の刺激に負けやすい方は、シャワーなどのお湯で体についた温泉成分を洗い流してから上がりましょう。

硫黄泉・・・「生活習慣病の湯」「皮膚病の湯」
泉質別適応症・・・慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧症(硫化水素型)、動脈硬化症(硫化水素泉)

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

三大敏感泉質とは?その特徴に迫る正しい入浴方法

DSC03769

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
三大敏感泉質という言葉があります。
これは人の肌に与える影響ではなく、温泉そのものの成分が、時間の経過や加温・循環することによって成分が変質しやすい泉質をさします。
その三大泉質とは、二酸化炭素泉、放射能泉、含鉄泉です。
・二酸化炭素泉は、気体である炭酸成分が主なため、炭酸飲料のように時間が経つと気が抜けるのと同じように本来の特徴が失われてしまいます。
・放射能泉もラドンという気体が主な成分であるため、時間の経過はもちろん、湯口付近で吸引できなければ成分の多くを吸収することはできません。
・含鉄泉は、時間の経過とともに空気に触れて酸化しますので、無色透明から透明度の無い茶褐色の湯ににごってしまいます。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

三大湯あたり泉質をチェック!その正しい入浴方法

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
湯あたり泉質というと一見大丈夫かな?と思われるお客様もいらっしゃいます。
その3泉とは、「酸性泉」「硫黄泉」「放射能泉」で、これらは刺激が強いだけに「湯あたり」もしやすいので、温泉ソムリエでは、「三大湯あたり泉質」と名づけております。
ところが、この3泉はとても人気の泉質でもあり、酸性泉のピリッとした欲感、硫黄泉の色と香り、放射能泉のぬるい温度感は、とても個性的なので温泉好きの方に人気があります。
では、湯あたりしにくい入浴法はあるのでしょうか?
湯あたりするから悪い温泉なのでなく、湯あたりするほど刺激が強いので、注意して入浴すれば、適応症の効果も高いと考えられ素晴らしい温泉なのです。
湯あたり防止には、適度な入浴回数と入浴時間、ビタミンCや水分の補給、十分な休憩などを心がけてください。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

三大希少泉質をチェック!見つけたらぜひ入ってみよう

霧島国際ホテル白濁にごり湯源泉かけ流し温泉 泥パック 天然蒸し湯

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
全国的に数が少ない泉質として、「二酸化炭素泉」「含鉄泉」「放射能泉」を「三大希少泉質」といいます。
「酸性泉」も少ないのですが、霧島温泉郷にもある泉質なのであえて除外しました。
二酸化炭素戦は、炭酸の温泉として温度が低いことに価値があり、体に気泡がつきます。
含鉄扇は鉄の成分が化学反応して、鉄サビのように赤茶色くなることがあります。
放射能戦も温度が低いことに成分的な価値があり、入浴しながら湯口から一緒に出てくるラドンを吸引することによって万病対策となります。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !

霧島国際ホテルお問い合わせへ

三大美人泉質をチェック!温泉で美容効果

DSC03334

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
温泉の泉質はそのまま適応症に反映されますので、温泉分析書の適応症を読むとその効果はわかります。
一方、適応症に書かれていないのが、美人の湯といわれている美肌効果です。
美肌効果は温泉の療養ではなく、美容なので適応症と認められておらず、温泉地の自称と言えます。
しかし、科学的には不要な角質をとり、ツルツル肌をつくる効果や毛穴の汚れをとったりメラニンを分解したりすることによる美白効果が認められています。
・炭酸水素塩泉 ツルツル、美白
・硫酸塩泉 肌の蘇生効果
・硫黄泉 メラニン分解でシミ予防
霧島国際ホテルの硫黄泉は、シミ予防で美肌効果があります。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

今日はランチバイキング開催日!お昼ごはんと温泉で半日を満喫

dsc06219

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
毎週日曜日開催のランチバイキング、今日も開催いたします!
お席は朝食や夕食会場として使用しているダイニングで、お料理をご用意しております。
温泉は本館、別館と広々とした温泉で館内湯めぐりもお楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしております。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー霧島国際ホテル(次回は11/27 開催 !)

霧島国際ホテルお問い合わせへ

約5mの西郷隆盛!鹿児島市内の撮影広場

dsc06373

おはようございます、温泉ソムリエ師範の桜井です。
鹿児島市内には、西郷隆盛の銅像広場があります。
約5mの銅像ですので、それなりの敷地がないと難しい大きさですが、鹿児島市内の西郷さんは街中で「城山」エリアの道路沿いに立っています。
道路を隔てることにより、城山と西郷さんの撮影が可能なスポットとなっております。
霧島国際ホテルのチェックアウト後は、少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか?
鹿児島へお越しの際は、ぜひ銅像を後ろに撮ってみてください。

お昼のランチバイキング開催日
温泉ソムリエ認定ツアー 霧島国際ホテルで、次回は11/27 開催 !

霧島国際ホテルお問い合わせへ