温泉ソムリエに認定されました。 そもそも「温泉」って何?(1)温泉とは・・・・。

温泉をもっと楽しみたい!とおもい、第7回 2016年 11月 27日 (日曜日)に開催された、温泉ソムリエ認定セミナーを受講し、温泉ソムリエに認定されました。
セミナーでは、下記のような事を楽しく勉強!

湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル 露天風呂「白紫」

湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル 露天風呂「白紫」

温泉とは・・・・。

「温泉」には、「温泉法」で定めた定義があるのです。温泉法による温泉の条件とは下記の通りです。

第2条 この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び蒸気その他のガズ(炭酸水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

水蒸気やガスでは入浴できないので、そこに水(地下水)を通したり、まぜたりしても、温泉の規定値を満たしていれば温泉です。これを「造形温泉」とよびます。

海水や海そのものは「温泉」ではありません。
「地中から湧出」しているものではないからです。
厳密には海水(現世の海水)と成分に差異が認められなければ温泉ではないという定義なので、地中から湧出していても、海水と成分に差異が認められないと温泉ではありません。
しかし、海水は温泉の「塩化物泉」に相当する成分を持ち、しかも、塩化物泉という泉質名ががつくギリギリの規定値の35倍ほどの濃さがあるので、「温泉ではないけど温泉のような高い効果がある」と考えていいでしょう。
(温泉ソムリエテキストより記事抜粋)

温泉ソムリエは新潟県妙高高原温泉郷赤倉温泉で誕生しました。
温泉ソムリエとは、「温泉」と「ソムリエ」を組み合わせた造語です。
「ソムリエ」がワインの【知識】とテイスティングなどの【技術】を身につけていることにならい、「温泉」の【知識】と「正しい入浴法」という【技術】を身につけているのが「温泉ソムリエ」です。

温泉ソムリエ認定セミナー霧島国際ホテル

温泉ソムリエ認定セミナー霧島国際ホテル

――――――――――――――――――――――――
温泉ソムリエ認定セミナーのご案内
2017年3月26日(日)
第8回温泉ソムリエ認定セミナー霧島国際ホテル
詳細は、https://www.kirikoku.co.jp/campaign/7524/
――――――――――――――――――――――――

山の緑と鳥の鳴き声、湯の華が混じった白濁した湯に硫黄の香り 。
※鹿児島の空の玄関「鹿児島空港」から車で30分
※霊峰 高千穂の峰の麓にあるパワースポット「霧島神宮」まで車で15分

■ 湯けむりとにごり湯の宿 霧島国際ホテル ■
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930-12
電話:0995-78-2621(代表)/0995-78-2801(予約課)


霧島国際ホテルお問い合わせへ

宿泊日 

日  

宿泊数



ご利用人数/1部屋あたり合計

大人 名様

子供の人数を入力する

小学生 名様
幼児(食事・布団あり) 名様
幼児(食事あり) 名様
幼児(布団あり) 名様
幼児(食事・布団なし) 名様

部屋数/合計

部屋